FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マザーボード】FSB

マザーボードまとめへ

FSBとは、
ベースクロックとも呼ばれて、
CPUのクロック数は、FSBの値を何倍かにして、CPUのクロック数を出しているようです。
だからベースクロック(基本クロック数)とも呼ばれているんですかね。

ということは、FSBは他のパーツとCPUとを接続するデータ伝送路の役割をもつので、
同じ2.4GHzのCPUでもFSBが高い2.4GHzの方が、性能が高くなるということで、
とりあえず速い方がいいという場合は、気にするところですね。

マザーボード選ぶ時には、対応するCPUの種類とFSBの値が書かれているので、
それを見て、取り付けられるCPUを検討すると。(他にも見る部分はありますが。。。)

またFSB等を気にせずにCPUとマザーボードを購入して、マザーボードのFSBが1066/800MHz対応で、
CPUのFSBが1333MHzだったら取り付けられないという自体が発生するということになると。

スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

pchard

Author:pchard
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。