スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【筐体・ケース】ATXケース

マザーボードまとめへ

ATXとは、Intelが策定した、マザーボードの規格。
フォームファクタの欄に書かれたりしていますね。

AT規格に変わって、現在はデファクトスタンダードとなっている。

Wikipediaさんによると、
基板サイズ 305mm×244mm(12インチ×9.6インチ)。

他に
Micro-ATX(マイクロ-)
 → ATXより小さいサイズ
Flex-ATX(フレックス-)
 → Micro-ATXより小さいサイズ
Extended-ATX(エクステンデッド-)
 → ATXより大きいサイズ

などがあるらしい。

私は、ATXしか個人的には扱ったことがないと思われる。

ちなみに今のメインPCのマザーボードは、『P5K-V』です。
『P5K-V』については、また今度勉強するとします。

上記より、ケースを決める時には、マザーボードの規格が決まっていないと買いづらいですね。。。

私的には、ケースは一番最後に購入でお財布と相談しながら検討するです。
スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

【筐体・ケース】筐体・ケース


まあ、箱ですね。
電源付きや温度が見れるやつなど色々機能がついてますが、
基本的には、各パーツを取付やすく作られた箱だと思っています。

値段もかなり幅があり、
総プラチナ製のケース(パソコンとしての価格ですが8千万するそうです)や、
ダンボールでできたケース(意外とこれも値がはりますが。。。)などがありますが、
大体、5千円~2万円程度がケースに出せる値段かなと思っています。

今度は、その種類とかメーカとか調べようと思います。

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

pchard

Author:pchard
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。